Pineider ピネイダー

イタリア老舗ブランド@ガイド

イタリア老舗ブランド@ガイド トップ > Pineider

Pineider

ピネイダー

ピネイダーの発祥は今から230年余り前の1774年。
創始者であるFrancesco Pineiderが、ルネサンスの香りただようフィレンツェの中心シニョーリア広場の一角、ミケランジェロのダビデ像が立つ建物の真向かいに最初の店を開業しました。現存するこの店は創業以来、多くの文化人達が行き交った場所として、歴史に刻まれています。

創業当初、主な商品は職人たちによる手すき紙でした。
創業者であるFrancesco Pineiderは、アングロサクソンやゲルマン人が持っていた印刷技術を初めてイタリアに持ち込んだ人物であり、加えて、様々な製造器材の開発と、職人たちの金型の手彫り技術によって、緻密な石版印刷や銅板印刷を施した美しい製品を生み出しました。

贅沢な紙を使い、エレガントな浮彫りとルネサンス金細工職人によって刻まれる紋章を刻印したピネイダーのレター用紙や名刺は、その品質の良さと豊富な種類が評判を呼び、ピネイダーの名はたちまちヨーロッパのブルジョアジーの間に広まりました。

19世紀に入ってからは、ペンやインクなどの文具類の製造を開始、さらには卓越した技術を持つフィレンツェの革職人たちを擁して各種革製品の製造販売へと着手して行きます。
厳選された素材を用いた書類カバンや旅行バッグには、創業時から高い評価を受ける金細工の紋章やエンボスが刻印されました。

当時、イギリスやフランス、ドイツのブルジョア階級の旅行者にとって、フィレンツェはロマンチックな旅の最終目的地。この地を訪れた多くの政治家、財界人、文化人がピネイダーに魅了されました。
当時の常連客にはナポレオン・ボナパルト、スタンダール、バイロン、パーシーB.シェリー、エリザベス・ブラウニング、ジャコモ・レオパルディ、チャールズ・ディケンズなど多くの歴史的な人物が名を連ねていたといいます。

19世紀後半、フィレンツェはイタリアの首都となり、まさに世界の政治・文化・商業の中心地として花開き、ピネイダーも、サヴォイ王室御用達となります。
後に、ローマへの首都移転にともない、サヴォイ王室の求めによって、ローマでも開業しました。

20世紀に入り、イタリア文化の影響が国際的に広がるにつれ、ピネイダーの愛好者も文化人を中心に世界中に広がって行きました。その中にはエレオノーラ・ドゥーゼ、ガブリエーレ・ダンヌンツィオ、ルイジ・ピランデルロ、マリア・カラス、リズ・テイラー、ヘンリー・フォード、マレーネ・ディートリッヒ、ルドルフ・ヌレエフ、ルキノ・ヴィスコンティなど、錚々たる面々が名を連ね、今なお多くの著名人たちに愛されています。

近年では2001年と2009年、イタリアで開催されたG8サミット主要国首脳会議において、議長国イタリアから参加各国首脳への記念贈呈品として、ピネイダーの革製品が2度連続して選ばれています。

今日、ピネイダーは、革製品の最高峰ブランドとして、「イタリアの誇り」と呼ばれています。

ピネイダーのメンズ 財布ならこちら http://www.pineider-brand.com/